病院の果たす役割

私達は医師という職業に対して、どのようなイメージを抱いているでしょうか。恐らく私達の多くが医師というに対して職業に対して、尊敬の念を抱いているのではないでしょうか。実際その通り、恐らくいつの時代でも、世界のどこの国でも、医師は多くの人々から尊敬を集めています。尊敬を集めると同時に、人の命を預かるという非常に重い責任を負っています。言い換えればそれゆえに尊敬され、そして高い収入が約束されています。経済状況に関わらず、医師の求人、或いは医師の募集は多く見られます。それに対して医師になりたいと夢見る人も少なくありません。医療の世界で働いているのは医師だけに限りません。私達がよく知っている看護婦や看護士、薬剤師といった人たちがそうです。ここでは医師だけに限らず、こうした医療の業界に就職、或いは転職したいと考える人たちのために、今一度医療の業界で働くことについて考えてみます。医療の業界と言いますが、その中心は何といっても病院です。ここでは病院を取り上げ、病院で働くことについて考えてみます。

私達の中で病院に行ったことのない人は恐らくいないでしょう。ところで病院へは何をしにいきますか。病院といえばずばり病気や怪我を治してもらうところという答えが真っ先に返ってでしょう。これらの用事以外で病院に行く人も殆どいないはずです。ですが実際には病院では患者に対する病気や怪我の治療以外にも、様々な仕事、それに関連の活動が行われています。病院イコール病気や怪我の治療だけでは決してないのです。では病院ではどんなことが行われているのでしょうか。先にも書いたように、病院と聞いて多くの人が真っ先にイメージするのは診療、それに看護や介護等を含めた医療に関するサービスの提供でしょう。ですがそれだけではありません。病院で行われているのは医療に直接関係するものだけではなく、「衣」「食」「住」の言葉で括ることができます。「衣」というのは主に入院している患者に洗濯や寝具等の提供といったサービスのことです。また「食」といっても病院の場合、単においしいものを患者に提供するだけではなく、あくまで食事療養の立場に立って行われなければなりません。あと「住」の分野としては、カーテンや家具等のインテリアの提供、空気調整、保守清掃が含まれています。これらは言わば生活提供と言えます。医師や医療スタッフによる患者に対する治療行為以外に、これらのサービスが充実していなければ、患者は安心して治療を受けることはできませんし、場合によっては心身ともに患者の健康に影響をおよぼすことだってあります。

check

池袋 不動産 口コミ

2017/8/17 更新